2013年

4月

02日

外構プランのタイミング

愛知県名古屋市を中心に活動するエクステリア・ガーデンプランナー、Garden office Terraのコラム♪

造園、外構工事でお困りの方はお気軽にご相談ください!

ホームコラム外構プランのタイミング

 

 

新しくお家を建てるとき、外構プランが後回しだったり、建物のプランと切り離されてしまうことが意外と多いようです。いくら素晴らしい建物ができても、周りが土のままではその機能性もデザイン的価値も半減ですね。できれば建物と同時に外構プランも進めていくのがいいでしょう。ただし、建物の工事前には建物関係の打合せなどで手一杯で外構プランを進める余裕がないというのもまた事実のようです。

 

今回のコラムでは、外構プランを相談するタイミング別に注意すべきメリット・デメリットをご紹介していきます。

 

外構プランのポイント①
外構プランのポイント①

 

今回ご紹介するポイントは、あくまで一般的な事例でのお話です。現場状況によっては適合しない場合もありますのでご注意ください。

 

タイミング別プラン時のメリット・デメリット

建物決定前

外構プランの相談をするのに、Garden office Terraで一番おすすめなタイミングは建物決定前です。

 

基本的には建物の配置が決まった後で外構プランニングを行ないますが、そのときに玄関、リビングなどの配置を考慮してアプローチ、駐車スペース、家庭菜園などのゾーニングをしていきます。このとき、駐車スペースが必要な台数分確保できない、アプローチがリビングの前を通ってしまう、などの明らかな問題点が発生した場合、外構面での工夫とともに建物側へのフィードバックも行なうことができるため、総合的に問題を解決することができます。機能門柱への電気・インターホンの配線、立水栓への給排水の配管、エアコン室外機の配置なども建物の配置から考えた無理のない外構プランとして計画的に行なうことができるでしょう。

 

また、この時点である程度具体的に外構プランが固まっていると、その金額を目安に予算の確保ができるため後になって外構に回す予算がないという事態に陥ることへの予防にもなります。

 

逆にデメリットとしては、建物が流動的な状態のためその変更の影響を受けやすいという点があります。ただ、これは情報交換を密にすることによって十分解消可能な問題でしょう。

 

 

建物着工前〜建築中

建物の決定から実際に着工するまで、数ヶ月間空くのが一般的ではないでしょうか。建物の詳細を詰めることも大事ですが、建物決定前に外構プランの相談ができなかったのであれば、このタイミングで行なうのがいいでしょう。また、建物の着工から完工(引渡)までにも数ヶ月かかります。この時間を利用するのもいいでしょう。

 

この時点だと大幅な建物の変更はできませんが、電気配線・水道配管の位置など設備関係の調整は十分可能です。まだ外構プランの自由度はかなり高いでしょう。地縄や基礎の状態でも建物の配置を実際の敷地で確認できるので、外構を含めた完成のイメージもしやすいでしょう。

 

また、これは建物決定前の場合にも言えることですが、建物の引渡・外構工事の日程が固まっているとお引越の日程も決めやすくなります。外周りが土のままだと建物内への土の持ち込み、駐車スペース周りの道路の泥汚れ、インターホン、ポストが使えないなどの機能的な問題や、見栄えが悪いというデザイン的な問題も発生してしまいます。できれば外構工事まで済んでからお引越をするのがベストでしょう。


ただし建物着工前〜建築中のタイミングだと、どうしても建物の詳細打合せに時間がかかってしまったりと外構プランに割ける時間が少なくなってしまうので、引渡直後に外構工事を予定している場合はかなり駆け足で打合せを進めなければならなくなります。

 

予算取りという点でも、このタイミングだと希望していた外構の内容が予想していた金額よりも高かったなどのずれが起こったときに、他の部分との調整で解消しきれないことが多いようです。

 

 

建物完工後

建物を建てる前に外構まで手が回らない、いい外構プランに出会えなかったということもあるでしょう。そんなときは建物完成後に外構プランのお話をすることになります。

 

このタイミングでは必然的に外構のプランニングがお引越後となるため、逆にじっくりと落ち着いてお話ができるでしょう。ただ、どうしても外周りが土のままだと機能的、デザイン的に問題が起こりやすいので、できるだけ早く外構・エクステリアを仕上げることをおすすめしています。引越→外構工事の順番だと、外構工事の工事中に駐車スペースに困るなどの問題が発生することも考慮しなければなりません。

 

このタイミングでのメリットで一番大きいのは、建物が完全に完成しているので外構も含めた完成イメージがしやすいことでしょう。お引越から時間が経っていれば、実際に住まれてみての意見も外構に取り入れることができます。既にあるものに合わせることで、間違いの少ない外構プランを選択することができるでしょう。ただ、これは外構プランの自由度を狭めているということでもあります。

 

予算取りという点では、完全に建物と切り離して考えることが多いでしょう。お引越後時間をあけて外構工事をする理由の一つに予算の確保のための時間ということがあるかもしれませんね。

 

 

外構プランのタイミング
外構プランのタイミング

 

このように、それぞれのタイミングでメリット・デメリットは変わってきます。Garden office Terraではそれぞれのタイミングで相談にいらっしゃるお客様に合わせて、上にあるような注意点を踏まえて最適と思われる外構プランのご提案をさせていただきます。

 

また、ハウスメーカーさん、工務店さんなどからの外構の提案がどうも満足できないということもあるでしょう。セカンドオピニオン的にお話させていただくこともできますので、お気軽にご相談ください。

 

 

詳しいご相談はこちらから、お気軽にどうぞ!


<関連パッケージサービス>

・遠方の方のためのプランニング

 

ホームコラム>外構プランのタイミング

 

愛知県名古屋市を中心に活動するエクステリア・ガーデンプランナー、Garden office Terraのコラム♪

造園、外構工事でお困りの方はお気軽にご相談ください!

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。

お庭、外構のご相談は

Garden office Terra

 

名古屋市中区丸の内1-9-24

 

無料相談受付中

TEL/FAX:

  052-204-6925

Email:  garden_office_terra@yahoo.co.jp

 

無料相談はこちらから!