ベランダガーデン②

愛知県名古屋市を中心に活動するエクステリア・ガーデンプランナー、Garden office Terraのコラム♪

造園、外構工事でお困りの方はお気軽にご相談ください!

ホームコラムベランダガーデン②

 

 

それほど広くないベランダ・テラス・バルコニーでも植物を育てて楽しむことはできますね。

 

ベランダガーデン②
ベランダガーデン②

 

今回はベランダガーデンの第二回ということで、ベランダで植栽を植込む時の土に関するお話です。

 

ベランダガーデンの土づくり

ベランダガーデンでも植物を植えて楽しむことは十分できますが、地植えというわけにはいかないのでプランターやハンギングなどに植えて楽しむことになるでしょう。このとき、壁掛けタイプのものにした場合はプランターなどの負担を減らすために土の重量を抑える必要があります。また、サイズの大きなプランターにした場合にはベランダやテラス自体を支えている建物の負担を減らすという意味でも土の重量を抑えておいた方が安心して植栽を楽しむことができるでしょう。

 

それでは、土の重量を抑える方法ですが、最近では袋入りの培養土でもハンギング用に軽量の物もあります。そういう物を選んで使用すればいいのですが、普通の培養土を使用する場合でも土の中に植物の生育の邪魔にならないような軽量の素材を混ぜ込んであげることによって、より自由度の高い効果的な土の重量軽減を行なうことができます。

 

次にその混ぜ込む素材を具体的にあげていきましょう。

 

パーライト

パーライト
パーライト

珪藻土などを高熱で処理して内部に多くの気泡を発生させた人工発泡体です。元の素材が天然の無機物でpHが中性で安定していることから植物にも優しい素材と言えるでしょう。

 

機能としては細かい穴に必要最低限の水分を保持するため保水性、透水性が期待できますが、何よりも重量が軽いというのが一番の特徴です。

 

 

バーミキュライト

バーミキュライト
バーミキュライト

輝石を高温で発泡させアコーディオン状にしたものです。パーライトと同様に天然の無機質でpHも中性で安定しているため植物の生育に全く問題ありません。

 

その形状のため通気性、保水性、排水性、保肥性に優れており、重量も非常に軽いのが特徴です。

 

 

パーム繊維

パーム繊維
パーム繊維

パーライト、バーミキュライトに比べると保水性も高く重量的にもやや重いですが、天然の有機物なので数年後には自然と土に還るというメリットを持っているのが特徴です。

 

ここではパーム繊維をあげていますが、他の植物でもシュロなど繊維質なものであれば軽量化の素材として使えそうですね。

 

 

軽石

軽石
軽石

上にあげた素材は基本的に土壌に混ぜ込むために使いますが、軽石はプランターの排水口付近に入れる鉢底石として使います。鉢底石は本来土が流れにくくなれば何でもいいため重量は気にしませんが、そこを軽石にするだけでも重量軽減にはある程度効果的でしょう。

 

 

 

今回は代表的な素材をあげていきましたが、このように土の軽量化を助けてくれる素材はいろいろあります。現場の状況によって使うものを選んであげるといいでしょう。土の軽量化によって、ベランダガーデンのある建物の負担も減りますが移動する時の人の負担も減らすことができるため、メンテナンスが楽になるかもしれませんね。

 

配合などより詳しい使い方がお知りになりたい場合は遠慮なくお問い合わせください。

 

 

詳しいご相談はこちらから、お気軽にどうぞ!


ホームコラム>ベランダガーデン②

 

愛知県名古屋市を中心に活動するエクステリア・ガーデンプランナー、Garden office Terraのコラム♪

造園、外構工事でお困りの方はお気軽にご相談ください!

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。

お庭、外構のご相談は

Garden office Terra

 

名古屋市中区丸の内1-9-24

 

無料相談受付中

TEL/FAX:

  052-204-6925

Email:  garden_office_terra@yahoo.co.jp

 

無料相談はこちらから!