2013年

6月

26日

外構の中でおすすめの植栽⑦(グランドカバー)

愛知県名古屋市を中心に活動するエクステリア・ガーデンプランナー、Garden office Terraのコラム♪

造園、外構工事でお困りの方はお気軽にご相談ください!

ホームコラム外構の中でおすすめの植栽⑦(グランドカバー)

 

 

今回は、外構の中でおすすめの植栽の中でもグランドカバーとしておすすめなものをご紹介していきたいと思います。

 

外構の中でおすすめの植栽⑦(グランドカバー)
外構の中でおすすめの植栽⑦(グランドカバー)

グランドカバー

お庭や外構の中で、主役ではなく脇役だけれど非常に機能的な役割を果たしてくれる植栽グランドカバーがあります。グランドカバーとは一般的には地表を覆うように植栽を配置することですが、横に広がりやすい植物を選んであげた方が効率よく地表を覆うことができます。

 

グランドカバーの効果としては、雑草の予防、泥はねの防止、法面の安定などがありますが、ある程度の面積をとる場合が多いので単純に見た目の装飾としても面としての緑として重要なポイントになります。

 

グランドカバーとして代表的なものとしては芝生があげられますが、ここではせっかくなのでカラーリーフなどで視覚的に楽しめるもの、特に雰囲気を明るくしてくれる色合いの明るいものを中心にご紹介していきます。

 

ダイコンドラ

ダイコンドラ
ダイコンドラ

 

ダイコンドラはシルバー系のカラーリーフが特徴的なヒルガオ科の多年草です。グリーン系の葉のものもありますが、アクセントにもつかえるシルバー系のものがやはりおすすめです。

 

横にどんどん匍匐して広がっていくため、少ない株数で広い範囲をカバーしてあげたいときには最適でしょう。また、段差のある場所やプランターに植えたときには枝垂れて下の方にも伸びていきます。特徴は何と言ってもその美しいシルバーのカラーリーフで、それは広範囲のグランドカバーに使ったときにも楽しむことができるでしょう。他のカラールーフと混ぜて使っても面白いかもしれませんね。

 

 

リシマキア・オーレア

リシマキア・オーレア
リシマキア・オーレア

 

リシマキア・オーレア(正確にはリシマキア・ヌンムラリア・オーレア)はサクラソウ科の常緑多年草です。リシマキアには非常に多くの園芸種がありますが、その中でもオーレアは明るい黄緑色のカラーリーフでその場所の印象を一気に明るくしてくれます。

 

ダイコンドラ同様非常に旺盛に横に広がってくれるため、使い勝手のいいグランドカバーとして使用することができます。逆に、伸びすぎて蒸れてしまうのには注意しましょう。特徴であるライムグリーンのカラーリーフが非常に美しいので、黄色系で明るい感じのグランドカバーにしたければリシマキア・オーレア、青系でクールな感じのグランドカバーにしたければダイコンドラを使っておけば間違いないでしょう。

 

 

フィカスプミラ

フィカスプミラ
フィカスプミラ

 

フィカスプミラはクワ科の常緑低木です。とはいえ、茎は立ち上がることなく横に広がっていくためグランドカバーとして使用することができます。

 

主に斑入りの葉を持つ品種と緑一色の葉を持つ品種がありますが、グランドカバーとして使うときには好みもありますが緑一色の葉のものの方がすっきりきれいに収まるかもしれません。横へ広がるのは他の匍匐性のグランドカバー植物と同じですが、フィカスプミラの特徴として壁面へ自力で上っていく力の強さがあります。これは茎の途中から気根を出しているためで、この性質を利用して壁面緑化に使いこともあります。

 

 

ヒメイワダレソウ

ヒメイワダレソウ
ヒメイワダレソウ

 

ヒメイワダレソウはクマツヅラ科の多年草で、リッピアという名前でも呼ばれています。葉色のバリエーションはありませんが、可愛らしい花は鑑賞価値を高めてくれています。

 

これまであげてきた植物達もかなり成長の早いものになりますが、ヒメイワダレソウの成長速度はそれに比べても特に早いと言えるでしょう。踏み圧にもある程度耐えてくれるので多少歩いた程度ではなくなりません。冬場はやや葉色が悪くなるので、その成長速度をいかして春先に刈り込みをして新しい葉と入れ替えてあげるときれいに管理できるでしょう。

 

 

アイビー

アイビー
アイビー

 

アイビーはウコギ科の常緑の多年草で、非常に多くの品種があり様々な葉の色と形のバリエーションを楽しむことができます。

 

アイビーもやはりどんどん横に広がっていく匍匐性の植物ですが、上のグランドカバーとの違いは日陰での強さです。他のグランドカバーでも半日陰程度であれば問題ないものもありますが、アイビーに関しては完全な日陰でも生育可能です。非常に強健な植物なので、茎を切って水に付けておくと根を出して成長していくなんてことも不思議ではありません。

 

 

 

今回は外構の中でおすすめの植栽ということで、グランドカバーの中でも横に広がりやすく葉色で楽しめるものを中心にご紹介してきました。これらの植物は全体的に丈夫で育てやすいものが多いのですが、逆に生育が旺盛すぎて手がつけられなくなってしまうということもあります。ただ、今回あげたものは地中ではなく地上で広がるものばかりですのである程度伸びすぎてしまってもカットすれば管理はしやすいと思います。植物は生き物であり、どれも生育速度の差こそあれ大きくなるものですので管理のしやすさも含めて検討するといいかもしれませんね。

 

詳しいご相談はこちらから、お気軽にどうぞ!


<関連パッケージサービス>

・樹木の新植工事

・植栽剪定・年間メンテナンス

 

ホームコラム>外構の中でおすすめの植栽⑦(グランドカバー)

 

愛知県名古屋市を中心に活動するエクステリア・ガーデンプランナー、Garden office Terraのコラム♪

造園、外構工事でお困りの方はお気軽にご相談ください!

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。

お庭、外構のご相談は

Garden office Terra

 

名古屋市中区丸の内1-9-24

 

無料相談受付中

TEL/FAX:

  052-204-6925

Email:  garden_office_terra@yahoo.co.jp

 

無料相談はこちらから!