外構の中でおすすめの植栽①(シンボルツリー・落葉樹)

愛知県名古屋市を中心に活動するエクステリア・ガーデンプランナー、Garden office Terraのコラム♪

造園、外構工事でお困りの方はお気軽にご相談ください!

ホームコラム外構の中でおすすめの植栽①(シンボルツリー・落葉樹)

 

 

外構プランの中には様々な植栽(樹木)が入っていますが、それぞれ異なった役割を持っています。役割によっておすすめの植栽は変わってきますので、それぞれの役割で人気のある樹木を中心におすすめの植栽をご紹介していきます。

 

外構の中でおすすめの植栽①
外構の中でおすすめの植栽①

 

第一回目の今回は、シンボルツリーにおすすめの植栽をご紹介していきます。

 

シンボルツリー(落葉樹)

「シンボルツリー」に関して、「玄関周りでメインになる植栽」以外の厳密な定義やルールなどはありません。ただ、玄関周りでメインになるということは来客時に一番視線の集中するところであり、お家全体の印象を左右するところでもあります。その点を考慮すると、ある程度の大きさで樹形がよく、鑑賞に堪えられるものである方がいいでしょう。また、あまり特徴的すぎて浮いてしまうものよりも、建物を含めた全体で調和のとれているものがいいでしょうし、かといってあまりにもありきたりなものよりは多少個性が出ているものの方が面白みがでるでしょう。

 

こうして条件を挙げていくとなかなか選ぶのが難しくなってしまいますね。実際には好き嫌いで選んでいただければたいていの場合大丈夫ですが、特に候補もないということもあるでしょうからおすすめの植栽をいくつかあげさせていただきます。今回は特に冬の間は葉を落とすため季節感を感じやすい、落葉樹の中から選定してみました。

 

ジューンベリー

ジューンベリーは落葉の高木で、春の白い花、初夏の赤い実、夏の新緑、秋の紅葉と一年を通して季節感を楽しむことができます。果実は食用にもできるため、収穫は小鳥と競争になるでしょう。


ジューンベリー
ジューンベリー
ジューンベリー
ジューンベリー

 

見所の多いジューンベリーですが、条件がいいと簡単に建物の2階に届くぐらいに大きくなってしまいます。植える場所を選んであげるとともに、剪定での管理もしたほうがいいでしょう。樹形の面白さ、剪定のしやすさを考慮すると、一本立ちよりも株立ちのものの方がおすすめです。

 

ジューンベリー・ロビンヒル
ジューンベリー・ロビンヒル

 

大きさのことを考えると、成長の遅いオベリスクという品種もあります。また、ピンクの花が咲くロビンヒルという品種もありますので、条件やお好みに合わせて選ぶこともできます。

 

 

カツラ

カツラは落葉の高木で、ハート形のかわいらしい葉が特徴的です。条件がいいと10m程の高さになるため植える場所はある程度考えてあげる必要がありますが、自然樹形が美しいため形を整えるための剪定にそれほど気を使わなくていいのもうれしいところです。


カツラ
カツラ
カツラ・株立
カツラ・株立

 

一本立ちの樹形が美しいのは当然として、株立ちの樹形も美しいのでおすすめです。大きさという点では、太い幹が残ってしまうため強い剪定が難しい一本立ちよりも株立ちの方が管理しやすいでしょう。また、カツラは紅葉もきれいです。

 

気をつける点としては、やはり大きさの管理でしょう。自由に成長させることのできる場所であれば問題ありませんが、ほとんどの場合はある程度剪定で大きさを抑える必要があるでしょう。また、テッポウムシが入ることがあるので、幹に穴があいていたら要注意です。

 

カツラ・レッドフォックス
カツラ・レッドフォックス

 

少し変わったところで、カツラには銅葉品種のレッドフォックスがあります。美しい樹形はそのままで葉色がかなり珍しいので、個性を出すにはいいかもしれませんね。

 

 

シラカバ・ジャクモンティー

シラカバというと寒い地方のものという印象があるかもしれませんが、実際日本のシラカバはある程度の寒さにあたらないと幹が白くなりません。しかし、輸入品種であるシラカバ・ジャクモンティーは名古屋などそれほど寒さが厳しい地域でなくても美しい白い幹を鑑賞できる品種です。

 

シラカバ・ジャクモンティー
シラカバ・ジャクモンティー
シラカバ・ジャクモンティー
シラカバ・ジャクモンティー

 

このシラカバ・ジャクモンティーは細いうちからしっかり幹が白くなってくれるため、株立ちの姿も美しいです。かなりそれ自体の印象が強い樹なので建物や周りの雰囲気も選ぶ必要がありますが、はまったときには非常に印象的なシンボルツリーになるでしょう。

 

注意点としてはやはり大きさの管理があげられます。できれば自由に成長させてあげたいところですが、剪定で管理をした方がいいでしょう。それともう一つ、シラカバもテッポウムシが入ってしまうことが多いので注意してください。

 

 

 

今回は割と樹形が素直でスタンダードな植栽おすすめしました。シンボルツリーは外構の中で(特に門周りで)メインになるものなのであまり個性的でない方が他のものとも合わせやすくなります。ただ、コンセプトがしっかりしている場合などは、シンボルツリーから個性的なものにして全体的に面白みを出すこともできますので、そんなときはお気軽にご相談ください。できるだけイメージに近い実現可能なご提案をさせていただきます。

 

詳しいご相談はこちらから、お気軽にどうぞ!


<関連パッケージサービス>

・樹木の新植工事

・植栽剪定・年間メンテナンス

 

ホームコラム>外構の中でおすすめの植栽①(シンボルツリー・落葉樹)

 

愛知県名古屋市を中心に活動するエクステリア・ガーデンプランナー、Garden office Terraのコラム♪

造園、外構工事でお困りの方はお気軽にご相談ください!

コメント: 2 (ディスカッションは終了しました。)
  • #1

    福井ともこ (月曜日, 07 4月 2014 20:50)

    シンボルツリーを探しています。ソヨゴのように実がなる木かジューンベリーかとかんがえてます。
    庭の真ん中に植えるので涼しげで光を通し幹がすらっとしている樹を教えていただけますか?
    時期は夏を予定しています。

  • #2

    Garden office Terra (月曜日, 07 4月 2014 21:38)

    福井様、コメントありがとうございます!すらっとした樹形だと上にあるカツラやアオダモなどでしょうか。常緑だとシマトネリコも涼しげな樹形です。ただ、実のなるものということで選ぶと選択肢は変わってきそうですね。

    さて、どうしてもこちらだと一般的なご提案になってしまうので、もし具体的なご提案をお望みでしたらこちらのお問合わせフォームからお知らせいただけますでしょうか。ちょっと情報を教えていただければ敷地の大きさや配置に合わせて具体的なご提案ができると思います。
    http://www.garden-o-terra.jp/お問合わせ/

お庭、外構のご相談は

Garden office Terra

 

名古屋市中区丸の内1-9-24

 

無料相談受付中

TEL/FAX:

  052-204-6925

Email:  garden_office_terra@yahoo.co.jp

 

無料相談はこちらから!