2012年

11月

13日

家庭用水耕栽培に挑戦①

愛知県名古屋市を中心に活動するエクステリア・ガーデンプランナー、Garden office Terraのコラム♪

造園、外構工事でお困りの方はお気軽にご相談ください!

ホームコラム家庭用水耕栽培に挑戦①

 

家庭菜園をしたいけどお庭にそのスペースがない、もしくはマンションなどでお庭自体がないという場合もあるのではないでしょうか。そんなときに室内で比較的お手軽にできる水耕栽培なんていかがでしょう。

 

家庭用水耕栽培①
家庭用水耕栽培①

 

以前、愛知県弥富市にあるM式水耕栽培さんにお邪魔した時に家庭用水耕栽培のやり方を教えていただいていたのですが、諸事情により手を付けられていませんでした。いろいろ準備が整ったこのタイミングで水耕栽培に挑戦したいと思います♪この水耕栽培は、基本的にはご家庭にあるものでできてしまう方法です。興味のある方は一緒に挑戦してみてください。


毎回コラムでは、テーマに沿った情報をまとめてからお届けするという形をとってきました。今回の家庭用水耕栽培シリーズでは、挑戦の経過報告という形で随時家庭でもできる水耕栽培のやり方をお届けしていく予定ですのでお楽しみに。あ、失敗してしまった場合はどうしようかな。笑


準備

空の2lペットボトル、500mlペットボトルを用意します。

 

野菜苗を用意します。

 

培養液(詳細はお問い合わせください)を用意します。

 

スポンジを用意します。

 

以上!

 

組み立て

①2lペットボトルを横に寝かし、中心に500mlペットボトルが刺さるように穴をあけます。

 

②その両脇に野菜苗が入る穴をあけます。

 

③2lの培養液のうち1.5lを2lペットボトルに、0.5lを500mlペットボトルに入れます。

 

④500mlペットボトルを逆さにして2lペットボトルにさし込みます。

 

⑤野菜苗をスポンジで保護して植え付けます。

 

完成!

 

完成イメージ
完成イメージ

 

さて、このとき市販の野菜苗を用意すればいいのですが、今回はせっかくやるなら種からやろうと思い、工程を一つ増やしちゃいました。

 

播種

プラスチック容器にスポンジを敷き、水をひたひたに入れます。そこに種をまいて発芽を待ちます。

 

播種
播種

 

今回用意したのはレタス(左側)とホウレンソウ(右側)です。ホウレンソウの種にはコーティング処理がしてあったので緑色になっています。

 

植込み

播種後10日程度の苗をスポンジで保護して、上記水耕栽培セットに植込みました。

 

植込み
植込み

 

まだ小さい苗ですが、根っこを培養液に浸すことができました。この状態で日当りのいい室内で保管しておきます。

 

 

さて、今回はここまでです。やってみた感想としては、非常に簡単ですね!

 

水耕栽培の利点としては、室内で栽培可能、水やりがいらない、成長が早いなどがあります。これから、この簡単なセットで実際にそれらのポイントをおさえた水耕栽培ができるのかどうかを検証したいと思いますのでお楽しみに。

 

これを見て一緒にやりたくなった方もお気軽にご連絡ください♪

 

詳しいご相談はこちらから、お気軽にどうぞ!


ホームコラム>家庭用水耕栽培に挑戦①

 

愛知県名古屋市を中心に活動するエクステリア・ガーデンプランナー、Garden office Terraのコラム♪

造園、外構工事でお困りの方はお気軽にご相談ください!

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。

お庭、外構のご相談は

Garden office Terra

 

名古屋市中区丸の内1-9-24

 

無料相談受付中

TEL/FAX:

  052-204-6925

Email:  garden_office_terra@yahoo.co.jp

 

無料相談はこちらから!